名古屋市の空き地の査定額の相場とは

名古屋市の空き地の査定額の相場とは
名古屋市では、約7軒に1軒が空き家であり、空き家率は約13.2%となっています。
空き地にも土地の固定資産税がかかってくるため、早く売却したいと考えている方には、査定額の相場や価格決定の要素、売却方法についての情報が役立つでしょう。
名古屋の空き地を売却する場合の考え方
全国的に空き地や空き家問題が深刻化しており、名古屋市も例外ではありません。
この記事では特に空き地に焦点を当てて解説します。
名古屋市内の空き地の査定額の相場は、2023年現在で1坪あたり84.5万円、1平方メートルあたり25.6万円となっています。
これは、名古屋市内で行われた27,551件の取引(売却額)を元に算出された価格です。
2022年と比較して、4.4万円上昇しています。
最も査定額の高いエリアは中区で、1坪あたり210万円です。
一方、相場が低いエリアは港区で、1坪あたり34.5万円です。
空き地の査定額の要因
土地の査定額は以下の要素によって主に左右されます。
1. 用途や公法上の規制(例:高さ制限) 2. 駅からの距離や利便性 3. 土地の広さ 4. 土地の形 5. 土地の前にある道路の幅 6. 角地であるかどうか 7. 道路からの高さ 8. 土壌汚染や埋蔵文化財、地下埋設物などの有無 9. 嫌悪施設との距離 それぞれの要素について詳しく解説します。
用途や公法上の規制
土地の用途や公法上の規制事項、例えば建築の高さ制限などは、査定額に影響を与えます。
用途制限が厳しい場合や建築物の高さが限られる場合は、査定額が低くなる傾向があります。
駅からの距離や利便性
土地が駅からの距離や周辺の利便性によって査定額が変わります。
交通アクセスの便が良く、周辺に商業施設や学校などが充実している場合は、査定額が高くなる傾向があります。
土地の広さや形、道路の幅
土地の広さや形、および土地の周囲にある道路の幅も査定額に影響します。
一般的に、広い土地や整形された形状の土地、幅の広い道路に面している土地は、査定額が高くなる傾向があります。
参考ページ:名古屋市空き地の査定額はいくら?相場や売却方法もご紹介
土壌汚染や埋蔵文化財、地下埋設物などの有無
土地に関連する環境情報も査定額に影響を与えます。
土壌汚染がある場合や埋蔵文化財や地下埋設物が発見された場合は、査定額が低くなる可能性があります。
嫌悪施設との距離
嫌悪施設と土地の距離も査定に影響します。
嫌悪施設とは、例えばゴミ処理施設や騒音を発生させる工場などです。
これらに近接している場合は、査定額が低くなる傾向があります。
土地の利用に対する公法上の規制
土地の利用には、建物の用途や高さなどの公法上の規制が存在します。
土地を査定する際には、まずこれらの規制を確認する必要があります。
ただし、一般の人にとっては法律の知識が必要であり、難しいです。
そのため、通常は専門家に依頼することが一般的です。
駅からの距離と利便性
駅からの距離や利便性は、土地の査定において重要な要素です。
駅から近く、交通の便がよい土地は、査定額が高くなる傾向があります。
徒歩で駅へのアクセスがどの程度かによって、価格は大きく変動しますが、30分を超える場合、査定額の差はそこまで大きくない傾向があります。
また、近隣にショッピングセンターや市役所などがあるかどうかも、査定価格に影響を与えます。