名古屋市における一戸建ての売却価格の相場と、売却に適したタイミングや注意点について詳しくご紹介します

名古屋市における一戸建ての売却価格の相場と、売却に適したタイミングや注意点について詳しくご紹介します
名古屋市には一戸建ての家を購入したり建てたりして、そこに住むケースもありますが、会社都合や転勤のためにその地を離れなければならないこともあるでしょう。
大切な思い出のある家を売却する際には、少しでも高い価格で売ることを望むのも理解できます。
この記事では、名古屋市における一戸建ての売却価格の相場や、売却に適したタイミングや注意点について、詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
名古屋市における一戸建ての売却価格の相場
まずは、名古屋市における一戸建ての家がどのくらいの価格で売買されているのか、相場を見ていきましょう。
2021年の売却価格の平均は、1平方メートルあたり35.34万円でした。
そして、2022年には1平方メートルあたり39.91万円となりました。
名古屋市においては、売却価格は上昇傾向にありますので、売却を検討している方にとっては好ましい状況です。
2013年から2022年までの10年間のデータを見れば、波はあるものの名古屋市内の不動産価格は1平方メートルあたりの価格が約13万円上昇していることが分かります。
一方、愛知県全体では平均して約5万円の上昇にとどまっているため、名古屋市は愛知県内で非常に需要の高いエリアと言えるでしょう。
区ごとの売却相場
名古屋市は16の区から成り立っており、それぞれのエリアで一戸建ての売却相場は異なります。
2022年のデータによれば、最も高額な相場となっているのは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
二番目に高いのは「東区」で、1平方メートルあたりの価格は56万円となっています。
これは、中区が愛知県庁や名古屋市役所などの行政機関が集まる中心エリアであるため、非常に需要が高く、価値があるとされていることが理由です。
また、地下鉄の東山線や名城線、鶴舞線、桜通線が走っているため、交通アクセスにも優れた地域です。
一方で、最も安価なのは「港区」で、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
港区の魅力と住宅需要の高まり
港区は、名古屋市の最南端に位置し、津波などのリスクが存在し、外国人の方も多く住んでいます。
これらの要因から、あまり注目されていないエリアと言えるでしょう。
しかし、港区にはレゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなど、人気のあるレジャー施設も点在しています。
さらに、ここ数年で港区の不動産価格は上昇傾向にあり、名古屋市全体で一戸建ての需要が高まっています。
港区の魅力は、まずレジャー施設の充実度にあります。
レゴランドは、特に子供たちに人気であり、観光客も多く訪れます。
名古屋港水族館や名古屋港シートレインランドも、それぞれ独自の魅力を持っており、多くの人々が楽しんでいます。
また、港区は外国人の方々にも好まれています。
名古屋は国際都市であり、港区はその拠点とも言える地域です。
外国人にとっては、観光地や文化交流の場として魅力的なエリアとなっています。
さらに、港区の不動産価格は上昇傾向にあります。
人気のレジャー施設が近くにあることや、外国人の方々にも人気があることから、住宅需要が高まっています。
特に一戸建ての需要が顕著であり、名古屋市全体でも需要の高まりが見られます。
以上のように、港区は津波リスクの存在や外国人の方々の居住が多いことから、あまり注目されていないエリアですが、レジャー施設の充実度や住宅需要の高まりなど、魅力的な要素も多く存在しています。
これからの名古屋市の不動産市場の動向に注目が必要なエリアと言えるでしょう。