全国地価マップを利用して公正価格を調べる方法

全国地価マップを利用して公正価格を調べる方法
公正価格とは、土地の適正な価格を示すものであり、一般的にはまとめて表現されることがあります。
しかし、実際には各省庁がそれぞれの目的に応じた公正価格を算出しています。
国税庁や国土交通省などは、土地の収用や公共用地の収用価格決定、相続税や固定資産税の計算などの目的に応じて異なる方法で公正価格を算出しています。
不動産を売却する際には、できるだけ有利な条件で取引を進めたいものです。
そのためには、複数の仲介業者に査定依頼をすることがおすすめされています。
なぜなら、各仲介業者はそれぞれ特徴や得意なエリア、査定方法などが異なり、実際の査定額にも差が出るからです。
複数の業者の査定結果を比較することで、より適切な仲介業者を選ぶことができ、不動産取引を有利に進めることができます。
ただし、業者に査定依頼をするためには、面談などの手続きが必要です。
参考ページ:土地 の 相続 税 評価 額 不動産を有利に売却する方法とは?詳しく解説!
全国地価マップは、このような場合に役立つツールです。
このサイトでは、公正価格を一つのマップ上で確認することができます。
具体的な使い方は以下の通りです。
1. サイトにアクセスし、地区や市町村を選択します。
または、地名や住所を入力して検索します。
2. 選択した地区や市町村に対応する公正価格が表示されます。
表示される情報には、土地の種類や用途ごとの公正価格、税制上の評価額などが含まれています。
3. 必要な場合は、マップ上で特定の地区や市町村をクリックすることで、より詳細な公正価格を確認することもできます。
このように、全国地価マップを利用することで、簡単に公正価格を把握し、不動産取引における査定価格の判断や仲介業者の選定がスムーズになります。