キャッシュレスで固定資産税を納税することのメリットとデメリット

キャッシュレスで固定資産税を納税することのメリットとデメリット
日本政府はキャッシュレス決済を推進しており、2020年6月から東京都でPayPayによる固定資産税の納税が開始されました。
これにより、従来の振り込みやクレジットカード納付に加え、便利なキャッシュレスな納税方法が利用できるようになりました。
しかし、キャッシュレスを利用するにはメリットとデメリットがあります。
メリット: 1. 便利な納税方法:キャッシュレスを利用することで、簡単に固定資産税を納税することができます。
参考ページ:固定資産税がPayPayで支払い可能な自治体が増加中!メリット&支払い方法とは?
煩雑な手続きが不要で、時間や手間をかけずに納税が完了します。
2. キャッシュバックやポイント還元:キャッシュレスを利用すると、特定期間中にキャッシュバックやポイント還元が受けられることがあります。
納税した金額に応じてキャッシュバックやポイントがもらえるため、実質的にお得に税金を納めることができます。
3. お得なキャンペーンの利用:キャッシュレスでは定期的に様々なキャンペーンが行われており、固定資産税の納税時にお得なキャンペーンがあることもあります。
これにより、納税時にさらにお得なサービスや特典を受けることができます。
デメリット: 1. 対応自治体の限定:固定資産税は地方税であり、納税方法は各自治体によって異なります。
従って、まだPayPay納税に対応していない自治体も存在します。
納税する前に各自治体のウェブサイトや情報を確認し、利用可能な納税方法を事前に確認しておく必要があります。
2. 手数料の発生:PayPayを利用して固定資産税を納税する場合、一部の自治体では手数料がかかることもあります。
手数料の金額は自治体ごとに異なるため、納税する前に確認しておく必要があります。
以上が、PayPayを利用して固定資産税を納税することのメリットとデメリットです。
キャッシュレス決済の普及に伴い、自治体がより多くの地域でPayPay納税を導入することが期待される。